①自分でケアして傷跡を消す ②病院の治療で傷跡を消す ③傷跡を上手に隠す 傷跡を消すための知識

整形で残ってしまった傷跡を消す方法とは?

更新日:

88ed7a21ee63f34f62431294dde072331

 

一昔前は馴染みの薄かった美容整形。

今ではプチ整形なんて言葉ができるほど気軽にできるものになってきていますよね。

 

しかし美容整形でせっかくキレイになっても、傷跡が残ってしまっては悲しすぎます(*_*)

 

美容整形による傷跡は主に手術後の縫合跡がメインですが、どういった治療をすれば傷跡を消せるのか。

 

今回はここを重点的に、美容整形で残ってしまった傷跡を消すための方法を紹介していきたいと思います^^

また別の記事では治療のあいだ傷跡を隠しておくための方法も紹介していますので、良ければそちらも参考にしてみてください。

 

 

整形後に残ってしまった縫合跡を消すには?

眼瞼下垂の傷跡 消す3

手術による縫合跡を消すためには大きく分けて3つの方法があります。

それぞれに長所と短所があるので、最終的には自分の納得できる方法で治療していってもらえればと思います^^

 

レーザーによる治療

整形

参照URL:http://www.bihadashokunin.jp/

レーザー治療のメリットはとにかく肌への刺激が少ないこと、治療後のダウンタイムが少ないことです。

 

こうした縫合跡を治療する場合は、主に炭酸ガスレーザーフラクセルCO2レーザーというレーザーを使うのですが、

どちらのレーザーも縫合で盛り上がっている部分を蒸発させて治療する「アブレージョン」という治療法になります。

 

蒸発させるというと怖いですが周りの健康な肌を傷つけずに治療できますし、痛みもほとんどありません。

どうしても痛みが心配な人には麻酔クリームを塗ってくれるところがほとんどなので安心です^^

 

3,4回に分けて傷跡を平らにしていき、治ってきたら次にシミを取るレーザーで傷跡に残った色素沈着を解消する治療に入っていきます。

肌への影響も考えて1回1回の治療の間隔はあいてしまいますが、ダウンタイムがほとんどない上に治療時間が短くて済むのも魅力的です。

 

レーザー治療においての唯一のデメリットは料金でしょう。

レーザー治療はほとんどが自由診療のため、保険の適用がなく治療費が高額になりがちです。

相場としては1㎠あたり5,000円から10,000円といったところでしょうか。

 

私も以前お腹の傷跡を治療した際はレーザーを選択しました。

 

結果には満足していますので、やっぱり自分なりに納得できる方法が一番です。

 

治療費は高いけど、肌へのダメージが少なく傷跡によってレーザーを使い分けれるし、応用がきく方が良い!

みたいな感じで自分の中で妥協できる部分とできない部分を書きだしてみて決めるのをオススメします^^

 

 

形成外科による治療

整形2

参照URL:http://www.ibaraki-biyo.com/

形成外科で今回のような縫合跡を改善するためには大まかに2つの方法があります。

 

1:現在の縫合跡を切除して再度縫合しなおす。

2:現在の縫合跡を切除して他のところから健康な皮膚を移植する。

 

1の方法では、縫合跡が目立たなくなるように切除する「Z形成術」「W形成術」といった治療を行います。

傷跡というのは1本の線になると目立ちますが、身体のシワにあわせてついた傷跡は目立ちにくいのです。

 

2の方法は、太ももなどから健康な皮膚をもってきて切除部分に移植するのですが、この皮膚に血流があるかどうかで結果に大きく違いがでます。

血流のある皮膚というのは移植したあとの回復が早いので、それだけ傷跡になるリスクも減ります。

 

これらが形成外科による代表的な治療なのですが、形成外科を選ぶ点で注意していただきたことがあります。

それは、形成外科での治療は医師の技量次第で結果に雲泥の差が出る、ということ^^;

 

これを言ったら元も子もないですが、そもそも整形をした段階で優秀な医師が縫合していれば傷跡は気になるほど残りません。

もちろん整形の度合いにもよりますし、体質でも変わってきます。

 

今度こそ傷跡を残さないためにも、腕の確かな医師に担当してもらうことが必要です。

ではどうやって見分けるのか。

口コミなどを参考にしてもらってもいいのですが、病院のホームページを見てください。

 

そこで「形成外科専門認定医」を探すのがポイントです。

この専門認定医というのは病院ではなく医師個人に対して与えられる資格で、取得には厳しい条件があります。

 

簡単に説明すると、まず認定施設で6年以上の症例実績を積む必要があります。

そしてその症例が審査されて、次に口頭審問、筆記試験を全てクリアしなければいけません。

 

仮に資格を取得しても常に症例実績を積みつづける必要があり、さらに研究や学会への参加を行わなければ取り消されてしまうという厳しいものです。

常に第一線にいなければダメってことですね^^;

 

まずは専門認定医が在籍している病院を見つけて、担当してもらえるだけで全然結果が変わってきますよ。

手術の際に絶対に傷跡を残したくない!」という意思を伝えることも大事です^^

 

あえてメリットとデメリットを言うならば、比較的早く効果が実感できるのがメリット

医師の腕による部分が大きいのとダウンタイムが大きいところがデメリットですね。

 

 

その他の治療

 

整形3

参照URL:http://image.rakuten.co.jp

レーザーや形成外科での治療以外にも縫合跡を治す方法はあります。

その中でも代表的なものを紹介していきますね^^

 

ただ注意点が2つほど・・・。

まず、1つ目は病院での治療と違い時間がかかるためすぐに目立った効果が得られないこと

2つ目は顔周りには使えない+使っても意味のないものが多いこと。

 

この2つが特に問題ないのであれば一番リスクが少ないのでオススメですね。

 

リザベン

盛り上がった傷跡やケロイドなどに使われる内服薬で、痒みを抑える効果と傷跡を平らにしていく効果があります。

時間はかかりますが徐々に傷跡が白く平らになっていきます。

 

 

シリコンジェルシート+マイクロポアテープ

保湿と圧迫効果で凸凹傷跡を改善する治療です。

マイクロポアテープはその効果を上げるために使用します。

 

シリコンジェルシートは細かく切って使えるタイプを使うと顔にも使えて便利ですよ^^

顔に使う場合はマイクロポアテープを貼っても残念ながらあまり意味はないです。

 

 

アットノン

傷跡対策として市販薬の中ではかなり有名ですよね。

血行を促進することで代謝を上げて傷跡の回復を早めてくれます。

 

個人差はありますが早い人でも3、4か月、1年以上使って少し消えたかなと言う人もいます。

アットノンは顔に使うことができないので顔以外の傷跡にどうぞ。

 

以上でその他の治療は終わりです、ですが大事なことを伝え忘れていました( ゚Д゚)

 

まだ手術をして間もない、もしくは半年も経ってない、という人はとりあえず様子をみてください。

手術による縫合跡が落ち着くには少なくとも半年はかかります^^;

半年以上経って傷跡が残っているようであればこの記事を参考に治療法を検討してみてください。

 

自分で納得できる、これが一番です。

何から手を付けていいか分からない人や不安な人はまず病院が行っている無料カウンセリングなどを受けてみてもいいと思います。

治療法についての質問や自分の悩みを相談してみると漠然とした不安が解消されるのでオススメですよ^^

 

何としても隠したい傷跡に!肌にやさしいメイク術

手術の傷跡を残さない!テープを使った簡単対策法

傷跡をキレイに消す病院ランキング !

ここでご紹介するのは、管理人が行ってみておすすめで人気の美容外科をご紹介しています。全て無料でメール相談をやっているところなので、気になることはまずは相談してみるといいと思いますよ^^

1位品川美容外科(品川スキンクリニック)

安くて腕も確か!
症例数500万件で幅広い治療が可能
一見整形に力を入れている美容外科に見えますが、経験豊富な医師がベストな治療を提案してくれます。レーザーの種類も多く、様々な傷跡対応可能。幅広い治療をしているので、レーザーだけでなく様々な治療法ができ、アフターケアなどサービスも充実。全国に45院もあり、通い易さもNO1です!

2位シロノクリニック

傷跡・ケロイド治療の専門医であり、パイオニア。
10万件以上の実績で肌再生に定評!
最新のレーザーと種類の豊富さ、長年レーザー治療を行ってきた専門医が治療してくれます。ただ料金が高いので、どちらも無料相談できるので品川美容外科と比較して病院を決めるのがベストです。

3位聖心美容クリニック

皮膚治療

ニキビ跡の治療に定評があるクリニック
傷跡治療にも相談にのってもらえるし、先進的なマシン治療、再生医療を用いた注入治療、メディカルコスメによるホームケアなどあらゆる肌の悩みに最適な治療法を選べるのが魅力です。

-①自分でケアして傷跡を消す, ②病院の治療で傷跡を消す, ③傷跡を上手に隠す, 傷跡を消すための知識

Copyright© 傷跡をキレイに消す方法とは?薬やレーザー治療を徹底検証 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.