①自分でケアして傷跡を消す ②病院の治療で傷跡を消す 傷跡を消すための知識

傷跡を消すために!肌の漂白剤ハイドロキノン

更新日:

ハイドロキノン2

皆さんはハイドロキノンって知っていますか?

 

別名で肌の漂白剤とも言われていて、傷跡についてしまったシミや色素沈着を効果的に改善してくれます。

傷跡が治ってもシミが残っていては嬉しさも半減です^^;

 

今回はこのハイドロキノンについて、ハイドロキノンとはどのようなものなのか。

どこで手に入るのか、値段はどの程度するのか。

副作用や、使用する際に注意しなければいけないことはあるのか。

 

など良くある質問や疑問の答えを紹介していきたいと思います^^

 

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン2

参照URL:http://www.do-s.ne.jp

ハイドロキノンとは、もともとシミ抜きのために皮膚科などが処方していた薬のことです。

濃度が2%から4%程度のものが一般的ですね。

以前は医療機関でしか取り扱えなかったのですが、最近では薬局などでも手に入るので広く浸透してきた感があります。

 

ハイドロキノンは美白の効果があるのですが、これは正確にはメラニンの生成を強力に抑える働きのことをさします。

 

どういう事かというと・・・。

 

皮膚がケガなどで刺激を受けると身体が自分の皮膚を守るためにメラニンを生成します。

このメラニンがシミや色素沈着の元なのですが、本来このメラニンは28日周期で行われるターンオーバー(肌の自己再生)によって排出されて薄くなっていくので問題ありません。

しかし加齢で代謝が悪くなったり、紫外線を浴びたりすると排出されきれずに残ってしまいます(*_*)

 

そのため、ハイドロキノンでメラニンの生成を抑えると美白効果があるとされているのです。

 

これは手術によって切開したあとが黒ずんだ場合や、ニキビ跡の場合も同様です。

一般的に茶色く残ってしまったシミには「ビタミンC+ハイドロキノン」でケア。

黒ずんだシミには「ピーリング+ハイドロキノン」でケアするのが良いです^^

 

ビタミンCを傷跡に効率よく行き渡らせるためには、APPSというビタミンC誘導体の成分が入った美容液を使用するのがオススメですよ。

また、ピーリングは肌への刺激が強いので多くて週に1回、初めての場合は2週に1度にしておくのが無難です。

ちなみに私は肌にやさしいAHAというピーリングをオススメしていますので、良ければそちらの記事も参考にしてみてください^^

 

 

ハイドロキノンはどこで手に入るの?値段はどれくらい?

Heap of different pills, tablets and capsules on dollars

ハイドロキノンは皮膚科や美容クリニックなどで処方を受けるほか、薬局や通販などでも手に入ります。

しかし、正直なところ市販されているものはオススメできません^^;

というのも市販されているものは濃度が低い上に値段も5,000円程度となかなか・・・。

 

かと言って美容クリニックなどで処方を受けても、保険がきかないため値段はほとんど変わりません。

私は通販で購入しています。

濃度4%のものが2,000円~3,000円ほどで手に入りますよ^^

 

ただ、通販はなんとなく心配だという方や、自分の通っている病院やクリニックのほうが信頼できるという場合もあると思います。

その場合は信頼のおけるところから手に入れるほうが良いかと。

 

一応私が使っているものも紹介しておきますね^^

 

ハイドロキノンに副作用と使用する際に注意することは?

リストカットの跡を消すには?

副作用について

ハイドロキノンの効果は非常に強いので3か月以上の継続した使用は控えてください。

マウスでの実験では、3か月以上継続使用した場合に発がん性のリスクがあることが分かっています。

 

中にはハイドロキノンの成分が肌に合わずに赤くなることもあるので、使用前にパッチテストを行うことをオススメします^^

 

パッチテストの方法

太ももや二の腕などの柔らかい部分に10円玉程度の大きさに広がるように試し塗りしてください。

24時間ほど放置して肌に異常がなければ大丈夫です。

万が一異常が出た場合は使用を中止して皮膚科を受診されてください。

 

 

使用する際の注意点について

・妊娠中は使用しないでください。

 

・ハイドロキノンは紫外線に非常に弱いので、冷蔵庫や冷暗所で保存するようにしてください。

また、1か月以上経つと酸化して使用できなくなりますので多くても10グラム程度のものを使用してください。

私は酸化しにくいチューブタイプのものを使用しています^^

 

・上記したことと似ていますが、使用中は肌が敏感になっているので日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策が必須です。

もともと敏感肌の人はSPF18程度の日焼け止めがオススメです^^

 

・濃度が上がれば肌への刺激も増します、自分の肌に合ったものを選ぶためにも最初は濃度の低いものから試してみてください^^

 

 

いかがでしたか?

ハイドロキノンはピーリングと一緒で、使用法さえ守れば美肌を目指すうえでとても効果的なものです。

ハイドロキノンだけで改善できるものもあれば、中にはそうでないこともあると思います。

その場合どうしてもという人はやはりレーザー治療で改善していくのが一番効果的で肌への負担も少なく済みます。

 

今回ハイドロキノンと一緒にAPPSやAHAピーリングといった治療法も紹介させていただいたので、良ければそちらの記事も参考にしてみてください^^

一緒に自信の持てる肌にしていきましょう。

 

傷跡にアルファヒドロキシ酸を塗って低刺激ピーリング!

 

 

傷跡をキレイに消す病院ランキング !

ここでご紹介するのは、管理人が行ってみておすすめで人気の美容外科をご紹介しています。全て無料でメール相談をやっているところなので、気になることはまずは相談してみるといいと思いますよ^^

1位品川美容外科(品川スキンクリニック)

安くて腕も確か!
症例数500万件で幅広い治療が可能
一見整形に力を入れている美容外科に見えますが、経験豊富な医師がベストな治療を提案してくれます。レーザーの種類も多く、様々な傷跡対応可能。幅広い治療をしているので、レーザーだけでなく様々な治療法ができ、アフターケアなどサービスも充実。全国に45院もあり、通い易さもNO1です!

2位シロノクリニック

傷跡・ケロイド治療の専門医であり、パイオニア。
10万件以上の実績で肌再生に定評!
 最新のレーザーと種類の豊富さ、長年レーザー治療を行ってきた専門医が治療してくれます。ただ料金が高いので、どちらも無料相談できるので品川美容外科と比較して病院を決めるのがベストです。

3位聖心美容クリニック

皮膚治療

ニキビ跡の治療に定評があるクリニック
 傷跡治療にも相談にのってもらえるし、先進的なマシン治療、再生医療を用いた注入治療、メディカルコスメによるホームケアなどあらゆる肌の悩みに最適な治療法を選べるのが魅力です。

-①自分でケアして傷跡を消す, ②病院の治療で傷跡を消す, 傷跡を消すための知識

Copyright© 傷跡をキレイに消す方法とは?薬やレーザー治療を徹底検証 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.