タイプ別!傷跡を消す方法

傷跡が残りやすい人の原因と対処法

投稿日:

傷跡が残りやすい

傷跡が残りやすい肌質とその原因とは?

人には生まれ持った『肌の強さ』というものがあり、ひとりひとり顔が違うように体質や肌質も違います。

肌が強い人の特徴として、外的刺激(紫外線・ホコリ・花粉症)や内的刺激(ストレス・睡眠不足)の影響を受けにくいです。

肌が弱い人はその逆で、外的刺激や内的刺激といった影響を受けやすく『ニキビが出やすい』『肌が乾燥する』『傷跡が残りやすい、傷の治りが遅い』『汗で痒くなる』等の症状が現れます。

弱い肌は傷跡が治りにくいことが多く、原因は主に日常生活にあり、強い肌にしていく為には睡眠や食事バランス、ストレスなどに気を付けなければなりません。

また、普段使用している洗顔料やクレンジングは刺激の少ないものに変え、スキンケアも保湿を重視し、乾燥が気になる部分にはクリームでケアすると良いでしょう。

 

傷跡が残りやすい人はこんな病気かも?

傷跡が残りやすい理由は多くの場合、加齢による皮膚の代謝や再生力の低下、若しくは栄養不足や偏りに求める事が出来ます。また稀ですが、ケロイド体質という先天的に傷跡が残りやすいケースもあります。

この他では、再生力に繋がる代謝の低下を齎す病気も考えられます。
根本的に代謝を司る肝臓の病気、出血が止まり難くなる事が原因となる貧血や白血球の減少、血糖値の高止まりが傷の治癒を遅らせる糖尿病等が該当します。其々の病気に特異な症状は他にある事から、それを把握して影響の有無を確定し、疾病の治療に当たる必要があります。

また病気が直接の原因となる訳ではありませんが、何らかの治療目的でステロイド剤を使用している場合、傷跡の治癒が遅くなる副作用が出る事があります。

 

傷跡が残りやすい人は、代謝が悪い・白血球が少ないことも

傷跡が残りやすい肌質の場合、代謝が悪かったり白血球が少ないことが考えられます。代謝を高めるには女性ホルモンを増やすことが重要なのですが、女性ホルモンは年齢を重ねると共に減少していくものですのでしっかりと補いたいところです。

白血球が少ない場合も、健康に良い生活を心がけることが重要です。適度な運動を継続して行ったり、食事バランスを整えることが有効です。

また、睡眠をしっかりと取るようにしたり、ストレスを溜めこまないことも白血球の減少を防ぐ対策となりますので、できることから取り入れる必要があります。

日々の生活が関係してくる部分ですので急には変えられないかもしれませんが、少しずつ取り入れれば体質は改善できます。

 

病気で傷跡が残りやすい人の対処法

アトピーやアレルギーなどといった病気で、皮膚炎で肌に傷跡が残りやすい肌質の人がいます。そういう人は肌がケロイド体質の場合もあり、掻き傷などで傷跡ができてしまった場合治りにくく茶色の傷跡になってしまう場合もあります。

こういう場合は市販薬で気長に治していく方法もありますが、なかなか効果は得られません。皮膚科などでレーザー治療するのが一番です。

実は、色素沈着は肝臓が原因かも?!

肝臓といえばお酒のようなアルコールを飲んだときに解毒してくれる作用があるということは知られていることだと思いますが、この部分はタンパク質を合成する場所でもあるので、肌にとても大きな関係があるところであるということをご存知でしょうか。

肝臓が弱っているとタンパク質の合成が間に合わずに、不完全な再生をしてしまうことがあるのです。そのための対処法としてはL-オルニチンを摂取することです。この成分を摂取することで肝臓が活性化します。

 

体質的に傷跡が残りやすい人の対処法

傷跡が残りやすい体質の対処法には、細胞を活性化させて生まれ変わらせることによって、出来てしまった傷跡を治しやすい体質に変えることが出来ます。

例えば低体温の方や冷え症の方の場合、血液が流れにくい為、血液に含まれている「血小板」が傷付いている箇所まで行き届かずになかなか治らないといった事が起こります。

対処法としては、日頃から冷えないように温かい物を食べるようにしたり、お風呂をシャワーだけでなく浴槽にお湯を入れてきちんと体を温めることによって、血液循環が良くなっていきます。

日頃からこまめに運動することも大切です。駅を一駅分歩いたり、エスカレーターではなく、階段を使うなどの工夫によって体質が改善されるます。

 

体質で傷跡が残りやすい人ってどんな人?その原因とは?

女性ホルモンは細胞に作用を及ぼすことで知られており、皮膚細胞も同様です。傷ができた時に新しい皮膚が作られる際にも有効な働きをしますので、その女性ホルモンが少なければ再生も遅れます。また、傷を治す時には血液中の白血球が働いていますが、体質によっては白血球の数が少なくて傷が治りにくくなってしまうこともあります。

白血球は体質だけでなく服用している薬の影響や生活習慣、ストレスでも減ってしまうものですので、体質的な要因を抱えている場合にはより注意が必要です。運動不足や睡眠不足も関係しています。

傷跡をキレイに消す病院ランキング !

ここでご紹介するのは、管理人が行ってみておすすめで人気の美容外科をご紹介しています。全て無料でメール相談をやっているところなので、気になることはまずは相談してみるといいと思いますよ^^

1位品川美容外科(品川スキンクリニック)

安くて腕も確か!
症例数500万件で幅広い治療が可能
一見整形に力を入れている美容外科に見えますが、経験豊富な医師がベストな治療を提案してくれます。レーザーの種類も多く、様々な傷跡対応可能。幅広い治療をしているので、レーザーだけでなく様々な治療法ができ、アフターケアなどサービスも充実。全国に45院もあり、通い易さもNO1です!

2位シロノクリニック

傷跡・ケロイド治療の専門医であり、パイオニア。
10万件以上の実績で肌再生に定評!
 最新のレーザーと種類の豊富さ、長年レーザー治療を行ってきた専門医が治療してくれます。ただ料金が高いので、どちらも無料相談できるので品川美容外科と比較して病院を決めるのがベストです。

3位聖心美容クリニック

皮膚治療

ニキビ跡の治療に定評があるクリニック
 傷跡治療にも相談にのってもらえるし、先進的なマシン治療、再生医療を用いた注入治療、メディカルコスメによるホームケアなどあらゆる肌の悩みに最適な治療法を選べるのが魅力です。

-タイプ別!傷跡を消す方法
-

Copyright© 傷跡をキレイに消す方法とは?薬やレーザー治療を徹底検証 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.