タイプ別!傷跡を消す方法

タトゥー・入れ墨を消す治療法の種類とは?

投稿日:

タトゥー

タトゥー、入れ墨の傷跡を消す治療法にはいくつか種類があります。代表的なものを4つほど紹介していきます。

 

タトゥー・入れ墨を消す方法

まずはじめは、レーザー治療です。レーザー治療はタトゥーや入れ墨にレーザーを照射することで墨を破壊し、色を薄くしていく方法です。

2つ目は切除手術による方法ですが、こちらは、タトゥー、入れ墨の部分の皮膚を切り取って縫い縮める治療法です。

3つ目は植皮(皮膚移植)手術による方法です。こちらの方法は、例えば太ももなどの別の部位から、皮膚を削り取るか切り取って採取し、タトゥー、入れ墨部分に移植する方法です。

4つ目の削皮手術による除去については、読んで字のごとく、墨の入った部分の皮膚を薄く削りとる方法で、理想的な深さで、丁寧に行うと、比較的、傷跡が残りにくい方法になります。

いずれの方法もメリット、デメリットがありますので、お医者さんとよく相談した上で、選択することをおすすめします。

傷跡に特化したクリニック>

 

レーザー治療のメリット・デメリット

レーザー治療には2種類あり、タトゥーの墨など色素に反応するものと、皮膚の細胞に含まれる水分に反応するものです。タトゥーの治療には、色素に反応するものを使うことが多いです。

しかしどれけレーザーを当てたとしても、全て綺麗に消すことは難しく、タトゥーや入れ墨は皮膚の角質層まで傷として入れる為、傷跡が残ります。

肌質によって異なりますので、あまり目立たないくらいまで消せる方もいらっしゃいますが、ひどい火傷のような跡になって残ってしまうこともあります。

切除手術のメリット・デメリット

タトゥーや入れ墨を消す目的で行う切除手術は、彫り物が為されている部分の皮膚を切除し、周囲の皮膚を縫い合わせるという工程を踏みます。

この方法のメリットとしては、レーザー施術では消去し難い明色の彫り物にも対応出来る事が挙げられます。また、彫り物自体の痕跡はかなり綺麗に消去する事が出来ます。

逆にデメリットとしては、外科的施術となるので体への負担が大きくなります。縫合との兼ね合いもあって、1回に行える切除範囲にも限界があります。縫合箇所に傷跡が残るケースもあり、ケロイド化したりといったリスクもあります。

縫合の方法や複数回に分割しての広範な施術も不可能ではありませんが、負荷が大きい施術である事は意識しつつ、治療においてはメリット・デメリットの双方を考えた慎重な適用が必要となります。

 

植皮(皮膚移植)手術のメリット・デメリット

植皮(皮膚移植)手術の場合のメリットは、太ももから皮膚を取って移植するので、広範囲のタトゥーや入れ墨でも可能だということです。レーザーや切除法、染料部分の皮膚を削り取る方法(削皮法)では広範囲のタトゥーや入れ墨には適していません。

デメリットは、タトゥーや入れ墨は消えても、それ以上の傷跡が残るケースが多いという事です。また時には植皮した皮膚が上手く生着しないで溶けたり腐ったりすることもあります。そうなると傷跡がどんどん増えていくことになります。

 

削皮手術のメリット・デメリット

削皮手術は染料部分を削り取る方法なので、大きなタトゥーや入れ墨には不向きです。非常に難しい手術となるので、医師の経験や力量が大きく左右されます。ミクロの単位までこだわって削る必要があるからです。

削り足りないとタトゥーや入れ墨がきれいに消えません。削り過ぎるとケロイド状の傷跡になるばかりではなく、痛みやしびれなどの原因となったり腕や足が曲がらなくなりして、その治療に手こずることもあります。

しかし、丁度良い深さで削り取れると、一番傷跡を残すことなく奇麗にタトゥーや入れ墨を消すことができる治療法です。

 

タトゥーや入れ墨を消した後に気を付けることとは?

128727

タトゥーや入れ墨をレーザー治療などによって消した後は、肌が炎症を起こしてしまうこともあります。また肌の表面を削っている場合があるので、時間の経過と共にかさぶたが出来てくる場合があります。

治療したすぐ後に患部をおもいっきり擦ってしまったり、紫外線をあててしまうことによって、傷跡が目立ちやすくなってしまうことがありますから、出来るだけ刺激が少ない衣服を身につけたり、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

それ以外に治療後気を付けることはかさぶたが治って来た場合、乾燥によっても治りが遅くなったり、シミとして残ってしまうこともあるので、化粧水やクリームを使って保湿し、紫外線が強い場合は日焼け止めを塗って肌を守りましょう。


タトゥーや入れ墨を消す方法は、メリットだけではなく、デメリットに関する説明もしっかりと受けたうえで選択することが重要ですね^^

傷跡をキレイに消す病院ランキング !

ここでご紹介するのは、管理人が行ってみておすすめで人気の美容外科をご紹介しています。全て無料でメール相談をやっているところなので、気になることはまずは相談してみるといいと思いますよ^^

1位品川美容外科(品川スキンクリニック)

安くて腕も確か!
症例数500万件で幅広い治療が可能
一見整形に力を入れている美容外科に見えますが、経験豊富な医師がベストな治療を提案してくれます。レーザーの種類も多く、様々な傷跡対応可能。幅広い治療をしているので、レーザーだけでなく様々な治療法ができ、アフターケアなどサービスも充実。全国に45院もあり、通い易さもNO1です!

2位シロノクリニック

傷跡・ケロイド治療の専門医であり、パイオニア。
10万件以上の実績で肌再生に定評!
 最新のレーザーと種類の豊富さ、長年レーザー治療を行ってきた専門医が治療してくれます。ただ料金が高いので、どちらも無料相談できるので品川美容外科と比較して病院を決めるのがベストです。

3位聖心美容クリニック

皮膚治療

ニキビ跡の治療に定評があるクリニック
 傷跡治療にも相談にのってもらえるし、先進的なマシン治療、再生医療を用いた注入治療、メディカルコスメによるホームケアなどあらゆる肌の悩みに最適な治療法を選べるのが魅力です。

-タイプ別!傷跡を消す方法
-,

Copyright© 傷跡をキレイに消す方法とは?薬やレーザー治療を徹底検証 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.